スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年03月16日

ポチっちゃった!

皆さん、こんにちは~

昨晩、更新しようと思ったけどパソコンの調子が悪くて・・・
明日は高瀬の交流戦に参加するんですが、ベネリのシリンダーがまだ届かなくて
思わずポチっちゃいました。イサカライアット!

ライアット スラッグって書いてありますね、興味のある方はご存知でしょうが
新作ライアットには1or2発の切り替えがありません。1発のみです。
だからスラッグって書いてあるんですねー

本体の画像はKTWや他のHPでいくらでも出てるんで割愛させてもらいます。
持ってみると、重っ! メーカー公表値2,6㎏ですが、もっと重く感じます。
木ストの雰囲気と相まって実銃みたいな感じです(実銃のイサカ見たことないけど)

バットプレートがプラなんですけど、実銃はどうなんでしょう・・・

コッキングはソウドオフより軽い気がします。

さてさて、お待ちかねの分解です。アウターバレルの固定方法がソウドオフとは違う作りになってました。
旧作のライアットもそうだったんだろうか?

まずはストックを外して・・・ あれ? 結構深いぞ!

ボルトの頭まで18cmもありました。
道具を職場に忘れてきたんでミニエクステンションの2段重ねでやっと外れました。


上がライアット 下がソウドオフになります。
基本構造はまったく同じです。密かに期待していた金属製シリンダーではないですね。
気になるのはマガジンチューブ側からチャンバーまでの給弾経路。隙間空いてね?

あれ?ピストンヘッドの色合いが違う気がする!?

左がソウドオフ 右がライアット
なんと、ピストンヘッドは変わってました。ライアットは金属製になってます。

スプリングも新規ですね。

上がライアット 下がソウドオフです。ソウドオフのスプリングはカットしてありますね。
バネのピッチも違うし、日本の規制に対応させたスプリングなんでしょう。

構造は分かったんで試射してみます。
あっ! やっぱり見えてるやん!!

レピーターハンドルのちょっと後ろの突起上部に白いBB弾が見えてます・・・
これは砂埃が多い所じゃ良くないなぁ~ そのうち改善策を考えます。

初速は思ったより低めです。

ソウドオフでは90超えていたんですが、ライアットは2,5の弾で81~84の間くらいです。
新規スプリングの影響でしょうね。 
コッキングも軽いし明日の交流戦での実戦配備が楽しみです。
結構なお値段しましたが買って良かったと思えるいい銃ですわ。

自分はこんなにショットガンが好きだったんだ・・・

  


Posted by ハマー  at 12:27Comments(0)イサカM37